佐山雅弘質問箱 - ジャズ 総合情報 アットジャズ @jazz - ジャズ 総合情報 アットジャズ @jazz

佐山雅弘質問箱 アットジャズ

コメント

投稿者 jvocal 様
投稿日 2015/08/25
タイトル 歌うフレーズ練習法
コメント  佐山さんのビデオで、アドリブプレイヤーには2種類あって、引き出しから次々と出してくるタイプ、その場で作曲しちゃうタイプ、自分は後者と仰っているくだりがありました。これはずっと印象に残っていて、まず最初はどちらでも弾けないわけですが、オルタードのフレーズパターンなどをU−Vで覚え、ここで出そうとしていれば段々出せるようになってきますが、アドリブの本道とは違うとは佐山さんも質問箱で書かれている通りだと思います。
 「弾きたいフレーズが頭の中で鳴る、それ以外を弾いちゃいけない」ともそのビデオで仰っていました。自分ははるか昔に下手な管楽器を吹いていて、8年ほど前に歌を始めたのですが、ダイアトニックコード中心の曲は、次のフレーズが浮かぶのでスキャットできます。なのに、ピアノとなるとフレーズが浮かぶ前に、次に弾かなきゃいけないコードスケール上の(外してなければどこでもいい)キーに指を置こうかという意識が強く、そうするとフレーズはいつまで経っても浮かんで来なくて、スケールやアルペジオを行ったりきたりしかできなくなってしまっていました。

 最近、ブラックバードを課題曲にしてから少しだけ光明が見えてきたような気がしています。最初はトニックやUm7がずっと続いていやだなあと思っていたのですが、我慢して練習しているうちにフレーズが終わってから、次に弾きたい音列が頭に浮かび、その何割かは弾けるような感じがしています。ソルフェージュが少しはできるようになってきたということなのかもしれません。そして自分なりに良いと思えるメロディーを弾けると、トニックやUm7を4小節くらい続いて弾くのが逆に楽しくなってきました。

 そこで、佐山さんが書かれていた「歌うフレーズを弾くキース・ジャレット」をYoutubeで探していたらブラックバードがあって、なるほど歌うというのはこういうことかと納得した次第です。バップ時代からよくあったパターンとは一味違うフレーズでしかもいいメロディーを奏でているんだなあと感じました。

 前置きが長くなりましたが、ここから質問です。
@上に書いたような意識や練習プロセスで間違ってないでしょうか?
A歌うフレーズを弾くためにもっと効率のいい練習法はないものでしょうか?何せ還暦目前で時間がないもので、欲張った質問でスミマセン。
戻る
ジャズ吉くんマンガ 出張演奏について 有料広告登録について イベント集客について ライター募集

お勧めイベント・プレゼント


ライブスケジュール セッションスケジュール
ライブとセッションのスケジュールをチェック!


バンドメンバー募集 バンドメンバー募集
全国のバンドメンバー、セッションメンバー募集情報

出演者募集 出演者募集
全国のライブハウス、イベントなどの出演者募集情報

ライブハウス情報 全国ライブハウス情報
全国のライブハウスの情報!
地域ごとでの検索が可能

求人情報 音楽関連求人情報
音楽講師・ライブハウスのスタッフ、音楽関連のお仕事の紹介!

物件情報 物件情報
ライブハウスや音楽スタジオなど最適な物件をご紹介!

スタジオ情報 スタジオ
全国のスタジオ情報掲載中!練習する場所を探そう!

音楽学校情報 音楽学校
音楽学校情報掲載中!詳細はこちら!

ジャズミュージシャン ジャズミュージシャン
トッププロからアマチュアまで。特集インタビューも掲載

ジャズイベント情報 イベント情報
チケットプレゼント、無料イベントのご紹介です!

ジャズ ジャムセッション ジャムセッション
全国のジャムセッション情報、演奏をして仲間を見つけよう!

楽器関連情報 楽器関連情報
新製品情報、プロミュージシャンによる試奏レポートなど

CDレビュー CDレビュー
アットジャズメンバーによるジャズの名盤ランキング

レンタルホール・箱貸し レンタルホール・箱貸し
ライブ会場、ライブハウス、レストランの箱貸し情報

ジャズミュージシャン ジャズ入門講座 (歴史編)
ジャズの誕生から現代ジャズまでの流れをご紹介

全国楽器店 全国楽器店
全国の楽器店情報、楽器の種類、エリアで検索できます

ミュージシャン特集記事 ミュージシャン特集記事
ミュージシャン特集記事のバックナンバーです。

ジャズ携帯版 @ジャズ携帯版
携帯用のアットジャズサイトです

アットジャズ メニュー

ジャズ管楽器 ヤマハ Zxpress アットジャズ求人募集

会社概要      サイトについて      プライバシーポリシー      ご利用規約      投稿規約      免責事項
Copyright (C) 2012 E-Jazz Co.,Ltd.All rights raserved.

@JAZZ Twitterアカウント