ジャズCD 新譜アルバム情報 - @jazz キース・ジャレット - スタンダーズVol.1

@ジャズ TOP
@ジャズをお気に入りに登録 @ジャズ新規メンバー登録
@ジャズをホームページに登録 @ジャズメンバ ログイン
 iTunes Music Store(Japan)
@ジャズトップジャズライブハウスジャズミュージシャン音楽スタジオジャズレッスン・音楽学校関連ショップジャズコミュニティジャズサイトリンク集@ジャズメンバーメニュー

CDのレビューを書いて投票しよう!

@ジャズユーザーによる@ジャズユーザーの為のCDレビューのコーナーです!
レビューを投稿してランキングに投票してください!

ユニバーサル ミュージック クラシック


スタンダーズVol.1     ジャケット写真 スタンダーズVol.1

ピーコックとディジョネットを加えた“スタンダーズ・トリオ”の記念すべき第1作。

アーティスト: キース・ジャレット
収録曲: 収録曲一覧
発 売 日: 2008/09/03
品 番: UCCU-9809

Amazon.co.jpで買う

口コミ情報 / カスタマー・レビュー

  3件のレビュー   投票してください   あなたの感想を教えてください
星5つ   (14) ★★★★★ 投票する

※レビューを投稿するには
メンバー登録が必要です
@jazz メンバーに登録
※登録は一切無料です。
星4つ   (2) ★★★★☆ 投票する
星3つ   (8) ★★★☆☆ 投票する
星2つ   (6) ★★☆☆☆ 投票する
星1つ   (2) ★☆☆☆☆ 投票する

クリスタルの輝き

★★★★★ 2012/3/9
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By h.hiroshi - レビューをすべて見る

美しい曲をこれ以上考えられないほど切なく演奏したピアノ・トリオ盤。キースの発するピアノ音はクリスタルの輝きを放ち、聴く者の心を射抜く。その輝きもピーコックのベースとディジョネットのドラムの反射があってこそ。文句なしの名演奏。

やはりキース

★★★★★ 2011/11/9
3 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By えでぃ - レビューをすべて見る

スタンダードな5曲を、ジャック・ディジョネットのドラムス、ゲイリー・ピーコックのベースと組んで、心地よく聴かせてくれる一枚。キースならではの味付けがたっぷりだ。自分の出したい音を声で出しながら弾いていく、いつものスタイルはここでも変わらない。彼のリードから始まる「ミーニング・オブ・ザ・ブルース」。ゲイリー・ピーコックとのかけ合い、そしてジャック・ディジョネットとのそれをじっくり聴かせる。アドリブが弾けまくる「オール・ザ・シングス・ユー・アー」。最後の「ゴッド・ブレス・ザ・チャイルド」はまるでロックのよう。15分33秒をぐんぐん引っ張りまくる。

美しい

★★★★★ 2010/10/8
4 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By いその - レビューをすべて見る

キース・ジャレットのピアノはとても澄んでいて、美しい演奏です。三人のインタープレイが創り出すとってもリアルなこの音空間はいつ聴いても素敵です。しかしキース本人のうなりは独特で、好き、嫌いわかれるでしょう。私は好きですが。。。なのでキース初体験の方はうなりがあまり聴こえない「ケルン・コンサート」を聴いてから他のCDも聴いてみるといいでしょう。



ジャズジャーナリスト募集

@ジャズ広告掲載

ジャズ管楽器 ヤマハ Zxpress








・会社概要 ・サイトについて ・プライバシーポリシー ・ご利用規約 ・投稿規約 ・免責事項
Copyright Reserved By E-Jazz,Ltd