ジャズCD 新譜アルバム情報 - @jazz セロニアス・モンク - Brilliant Corners

@ジャズ TOP
@ジャズをお気に入りに登録 @ジャズ新規メンバー登録
@ジャズをホームページに登録 @ジャズメンバ ログイン
 iTunes Music Store(Japan)
@ジャズトップジャズライブハウスジャズミュージシャン音楽スタジオジャズレッスン・音楽学校関連ショップジャズコミュニティジャズサイトリンク集@ジャズメンバーメニュー

CDのレビューを書いて投票しよう!

@ジャズユーザーによる@ジャズユーザーの為のCDレビューのコーナーです!
レビューを投稿してランキングに投票してください!

Riverside


Brilliant Corners      ジャケット写真 Brilliant Corners

強い個性と斬新な感覚が聴く者を圧倒するセロニアス・モンクの代表作。個性的な熱演でリードするモンクの大胆なプレイが印象深い。

アーティスト: セロニアス・モンク
収録曲: 収録曲一覧
発 売 日: 2008/03/04
品 番: UCCO-9665

Amazon.co.jpで買う

口コミ情報 / カスタマー・レビュー

  1件のレビュー   投票してください   あなたの感想を教えてください
星5つ   (8) ★★★★★ 投票する

※レビューを投稿するには
メンバー登録が必要です
@jazz メンバーに登録
※登録は一切無料です。
星4つ   (10) ★★★★☆ 投票する
星3つ   (6) ★★★☆☆ 投票する
星2つ   (8) ★★☆☆☆ 投票する
星1つ   (3) ★☆☆☆☆ 投票する

間違いなくコンテンポラリージャズの礎を作り上げた作品!!

★★★★☆ 2010/10/21
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By 駄らいぐまぁ - レビューをすべて見る

 1曲目の「Bririant Corners」から流れる、不安感を煽る微妙なメロディは、いきなりジャズ初心者が耳にするとかなり刺激の強い...というか、難解というイメージをJazzに持つことだろう。モンク登場の前は、どれもII-Vで終始した、所謂”着地する””落ち着く”音楽だった。そのメロディラインは、チャーチモードを基本に作られ、調が明確な分かりやすいものであったが、セロニアス・モンクの作品では、その基本概念をぶち壊したような奔放なコード進行が多い。メロディは基本に従ったコードの音を拾ったような作り方だが、その作り方もリズム的にありえないところで音符をおいたもの、終始するポイントが、いきなり置かれる等、とにかくそれまでの常識では考えられないコンセプトであり、今思えば斬新でもある。
 このアルバムはそんなモンクの真骨頂が存分に味わえる。急に倍ノリに成ってみたり(Bririant Corners)代表曲、Blue Monkのように、メロディのリズムにフックとなるリズムを入れてみたり(BaーLue Bolivar BaーLue Are)、問いピアノを使った新たなサウンド(PANNONICA)等、スタンダードなプレイが主体だった当時を考えると、実に斬新だ。これを支えるバックミュージシャン達も当時の名手達。が、このモンクの斬新な曲には相当手を焼いている様子が伺える。アドリブのフレーズでは、出だしから、まるで”どうやって展開していくか”等と若干迷いが見えるなど、演奏の様子まで見えてくるのが楽しい。



ジャズジャーナリスト募集

@ジャズ広告掲載

ジャズ管楽器 ヤマハ Zxpress








・会社概要 ・サイトについて ・プライバシーポリシー ・ご利用規約 ・投稿規約 ・免責事項
Copyright Reserved By E-Jazz,Ltd