トミー・キャンベルジャズ 総合情報 @jazz - ミュージシャン 公式サイトリンク集 音楽 アーティスト

@ジャズ TOP
@ジャズをお気に入りに登録 @ジャズ新規メンバー登録
@ジャズをホームページに登録 @ジャズメンバ ログイン
@ジャズトップジャズライブハウスジャズミュージシャン音楽スタジオジャズレッスン・音楽学校関連ショップジャズコミュニティジャズサイトリンク集@ジャズメンバーメニュー

ジャズ ミュージシャン ( トミー・キャンベル )

プロフィール  インタビュー
CDリビュー  ライブ情報


インタビュー:by @jazz 山本聖子 2008年1月19日


"Action speaks louder than words."
"JAZZ comes from "The Blues"
( not from paper, music scores, music charts, or "The Real Book")


1. 語るより、やってみる方が説得力がある。
2. ジャズは音楽の「ブルース」に由来している(単なる紙や楽譜、音楽チャート、「The Real Book」からではない)。


(トミー・キャンベル)



●How long have you been living here in Tokyo?

I've been living in Tokyo, Japan for 10 years. But, It was 1983 when I first came to Japan.
It was a tour with Sonny Rollins. Before living here, I lived in NYC and Paris, France.
Now, I've gotten used to eating Japanese food like "Tofu", "Miso Soup" and "Okanomiyaki".
I can even eat white rice without butter on it.
Before moving to Japan, I couldn't imagine myself eating rice without butter, because of my "African-American upbringing.

●日本に来て、どのくらいになりますか?

東京に住んでからは、もう10年になるかな?最初に日本に来たのは、ソニー・ロリンズのツアーで演奏しに来た83年。その前はNYCにも、パリにも住んだよ。もう日本食にも慣れたし。豆腐も味噌汁もお好み焼きもOK。白いご飯にバターをのせなくても食べられるようにもなった(笑)!私はアフリカン・アメリカンの家庭で育っているから、日本に来る前にはバターなしのご飯なんて考えられなかったけどね。

●The gig at Body and Soul was really fun.! Everyone enjoyed it so much.

Thank you. I have 4 bands based here in Tokyo,Japan, "The "Organ-Eyes" Session-Band
, "Vocal Session-Band", ethnic style The "Rhythm-Rain" Session-Band
, and Original "Tommy Campbell Session-Band" ALL here in Japan.
These bands "are an extension of my New York City Bands *that still exist to this day:
My NYC "Vocal Session-Band", and Acoustic Jazz Quintet my NYC Original "Tommy Campbell Session Band"
On the stage, being serious about the music and being an entertainer is very important.
I learned that from the late Dizzy Gillespie.

●先日のBody & Soulでのオルガンセッションバンドのライブ(1/18)は、お客さんも盛り上がって、大盛況でしたね!演奏も素晴らしかったです!

ありがとう。東京には全部で4つのバンドがあるんだ。“オルガン-アイズ”セッションバンド、”ボーカル”セッションバンド,エスニックテイストの”リズム-レイン”セッションバンド、そしてオリジナル”トミー・キャンベル”セッションバンド。この4種類で活動してるんだ。この4つは今でもNYCにある私のバンドの発展形でね。正式には、NYC”ボーカル”セッションバンドと、NYCオリジナル”トミー・キャンベル”セッションバンドっていうんだ。これは、アコースティックのジャズクインテットのスタイルだよ。ステージの上で演奏する時。ホンモノの音楽を求めて真剣であることも大事だけど、同時にエンターテイナーであることもすごく大切だよ。私はこれを、晩年のディジー・ガレスピーから学んだよ。

●The first time you met Dizzy, you were a student of Berklee, weren't you?

Yes, I was. I was a sophomore at The "Berklee College Of Music". Mickey Roker (Dizzy's Drummer) called me on the phone and told me to come to Dizzy's gig that night.
So, I went to a club in Boston(I forgot the name of the club) then I was invited by Dizzy to the stage for the second set. Also, Several months later, Dizzy came to see a gig of my Funk/Fusion band (that was Co-led by guitarist and my best friend Kevin Eubanks) and Dizzy enjoyed it very much. He even stayed and listened to both sets.

● ディジーとの出会いは、トミーさんがまだバークリーの学生だった頃ですよね?

そうだね。私はボストンにあるバークリー音楽大学の2年生だった。当時ディジーのバンドのドラマーだったミッキー・ローカーから電話をもらってね、「今夜ギグをやるから、見に来ないか?」と言われた。で、ボストンのクラブに行った。クラブの名前は忘れちゃったけど。2セット目が始まる前にディジーが「次のセット、叩いてみないか?」と言ってくれたんだ。で、私はステージに上がったよ。
その数ヵ月後に、ディジーが私のファンク・フュージョンバンドの演奏を聴きに来てくれた。このバンドは私の大親友のギタリスト、ケビン・ユーバンクとダブルリーダーでやっていたバンドだったんだけどね。ディジーはホント楽しんでくれて、最後のセットまで聴いてくれたんだ。

●Which songs did you play(when you sat-in with Dizzy for the first time)?

"Purple Haze" Jimi Hendrix!!, "Them Changes" Buddy Miles, And a classic song by James Brown! It's funny, because I was expecting to play Be-Bop Jazz songs like "A Night In Tunisia".

●何を演奏したんですか?

「パープル・ヘイズ」。ジミー・ヘンドリックスだよ(笑)!それに、バディ・マイルスの「ゼム・チェンジズ」、ジェイムス・ブラウンの曲だよ!ディジーとの最初のギグが、これって笑えるだろう??普通は「チュニジアの夜」みたいなビバップのジャズを予想するところなのに(笑)。

●Does that mean Dizzy was "open" to other styles of music?

Oh Yes, Dizzy loved that kind of music too. Everyone thinks that Dizzy is the king of Bebop but that wasn't enough to identify all of his taste in music. Dizzy and his band loved all kinds of music and Jazz was just one half of them. Now I feel that Dizzy must have taken me because he wanted to add more varieties of music styles into his band, such as "funk" music.

●それは、ディジーがいろんなスタイルの音楽に対してオープンだったってことですか?

そうだね。ディジー自身いろんな音楽を愛していたんだよ。みんな、ディジーはビバップの巨匠と思っているだろうけど、実際、ジャズばかりでもなかったんだよ。ディジーもバンドのメンバーも、あらゆる種類の音楽を愛していたし、バンドでやった曲もジャズは半分くらいだったし。今思えば、ディジーが私を使ってくれるようになったのは、バンドにいろんな音楽のスタイルを取り入れたかったからじゃないかな?例えば、ファンクみたいなニュアンスをね。

●Did you like Funk music?

I don't like Funk music, I LOVE FUNK MUSIC!!!(ha,ha) I was surrounded by Funk and R&B when I was a kid. My dad was a vocalist and organist who played mostly "event gigs" and hotel gigs and parties. And my uncle: Jimmy Smith, is the world known "Hammond B3" Jazz Organist.
Shortly after arriving at Berklee, I found-out that my Uncle Jimmy was the "one and only" Jimmy Smith. The way that I found-out that my uncle was "world famous" was: One of my first classes at Berklee was a class called "Listening and Analysis" and the first class was about "Jimmy Smith" . About my Uncle Jimmy? I was really surprised. The whole class listened to uncle Jimmy playing "Old Man River"(arranged by Oliver Nelson), After we finished analyzing the recording, I couldn't stop myself from crying. Directly after that class, I ran to a pay phone in the hall of the college building, and called uncle Jimmy and I said "Uncle Jimmy, I'm so sorry, I didn't know that you where "world famous!".You are Jimmy Smith!"

●トミーさんもファンクが好きだったんですか?

好きどころか、愛してるよ(笑)。まさにファンクやR&Bを聴いて育ったからね。私の父はボーカリストでありオルガンプレーヤーでもあったんだ。主にイベントライブとか、ホテルやパーティーで演奏していた。そして私の叔父は、多分名前を聞けば、みんな知ってるんじゃないかな?ハモンドB3を演奏した有名なジャズオルガニスト、ジミー・スミスなんだ。私が大好きなジミー叔父さんは、あの偉大なジミー・スミスだってわかったのは、私がバークリーに入ってすぐだったんだ。バークリーの「Listening and Analyzing」のクラスで、最初の授業は「ジミー・スミスについて」だった。ジミー叔父さんについて??もう、ビックリさ(笑)。でもクラス全員が叔父さんの「オールマン・リバー」(オリバー・ネルソンのアレンジ)をかたずをのんで聴いていた。教室の中で私は涙があふれて止まらなかったよ。クラスが終って、すぐに廊下の電話をかけに走った。「ジミー叔父さん、ゴメンね。今まで叔父さんのこと、全然知らなくって、ゴメンね。叔父さんは、あの有名なジミー・スミスだったんだ!」って泣きながら言ったよ(笑)。

●That's an interesting story! Then soon after you "sat-in" with Dizzy and his band, did you join the band?

After that first time playing with Dizzy, he took me into the dressing-room and we had a nice talk.
He asked me questions like: "Where are you from?" and "What are you doing in Boston?".
I answered "I'm a student of Berklee, sophomore". Then he replied "So then, you have 2 more years at Berklee".Then, after 2 years, he suddenly called me "Tommy, would you like to go to South America with me!". My answer was YES! So he took me to the US Embassy in New York to apply for my passport, and the passport agency completed making my passport in only one hour!!(that's because all the staff at the Embassy knew Dizzy very well, and he always got VERY special treatment whenever he came for any type of travel documents)
Then we flew to South America. It was Dizzy who changed my life and gave me a big opportunity and bigger influence. On the following tours and concerts with Dizzy, I learned his great songs like "A Night In Tunisia" "Manteca" ", "Bebop", "Con Alma", "Birk's Works" and many many more!

●おもしろいエピソードですね!!ディジーのギグに飛び入りで演奏した後、すぐツアーに参加したんですか?

いや、あの時私はまだバークリーの学生だったからね。ギグが終った後、私は楽屋に連れて行ってもらって、しばらくディジーと色々話をしたんだ。「どこから来たの?」とか、「ボストンで何をやっているの?」とか。「バークリーの2年生です」って答えたら、ディジーは「そうか、あと卒業まで2年あるんだね」って言ってくれた。で、きっかり2年後、ディジーから電話が来た!「トミー、一緒に南米にツアーに行かないか?」って。やった〜!!だよ(笑)。すぐにOK!で、ディジーのバンドに入ることになったんだ。ディジーと一緒にNYCの大使館に行って、彼はたったの1時間で私のパスポートを作ってくれて。大使館の人たちは皆ディジーを良く知っていたからね。便宜を働いてくれたって訳。で、すぐに南米にビュン!さ。私の運命を変えて、一番大きな影響を与えた人は、まさにディジーだったよ。「チュニジアの夜」「マンテカ」「ビバップ」「コン・アルマ」「バークス・ワークス」。ディジーの有名な曲は全て、ツアーでギグをやって覚えていったんだ。

●What are some of the many things that you learned from Dizzy?

Well, he was always helping people, making people happy, and generally a "giving" person.
I soon realized that he loved everyone, and he was also loved by everyone. He showed me that "Everyone is an individual". I really think so too.

●ディジーはどんな人でしたか?

そうだね〜。彼はいつも誰かを助け、励まし、元気づけていた。今思うに、彼は他人に与えるタイプの人だったんだよね。全ての人を愛していたし、愛されていた。ディジーは「Everybody is an individual(全ての人に個性がある)」ってことを教えてくれた。私もまさにその通りだと思うよ。

●You were a teacher at Berklee later, right?

Yes. When the chairman of the percussion department asked me to teach at Berklee,
I told him that I would accept his offer under 2 conditions: The first condition was to have my own office with my own drum sets(two drum sets) and that I could practice whenever I wanted. The other condition was that I could take a "leave of absence" from teaching at Berklee for tours and or recordings with any artist whenever I wanted to. At that time I was also the main drummer for Sonny Rollins. So, the College accepted my conditions, because Berklee and the students wanted another private instructor that was "Internationally known" (meaning: I was on the "current" music scene, and currently on world tours and in all of the major music magazines).
And I was one of the original members of Berklee's Special Touring Band "Gary Burton & the Berklee All Stars". They first came to Kobe & Tokyo in 1985. That band visited 5 countries, Italy, Spain, Argentina, Malaysia and Japan. During each tour or each country they did both concerts and workshops. At that time Kohyo Ongaku Gakuin in Kobe AND The "Pan School Of Music"
were the first two Japanese music schools to join the "Berklee Network".
At the same time those 2 schools became an "affiliate" of Berklee
and also awarded scholarships to "Berklee" in Boston, Massachusetts, USA.

●トミーさんはバークリーで教えてもいたんですよね?

そうだよ。バークリーで教えて欲しいと頼まれたとき、私は2つの条件を出したんだ。1つは、自分のオフィスを持って2つのドラムセットを置き、いつでもそこで練習ができること。2つ目はアーティストが私を呼んだら、いつでも自由にツアーやレコーディングに参加できること。その当時、私はソニー・ロリンズのバンドでメインドラマーでもあったからね。バークリーはその条件を受け入れてくれたよ。生徒も学校側も、いつも音楽雑誌に載ったり、音楽シーンの最前線で演奏し世界的な活動をしているドラマーが生徒を教えていることは素晴らしいと、わかっていたからね。
そういえば、85年に「ゲリー・バートン&バークリー・オールスターズ」っていうバンドをバークリーで教えているミュージシャン達と最初に組んで、神戸と東京に来たなあ。このバンドでスペイン、イタリア、アルゼンチン、マレーシア、日本の5ヶ国を回ったんだ。バンドのスペシャルコンサートの他に、それぞれのメンバーがワークショップもやって、ミュージシャンの卵たちを教えたんだ。当時、神戸では甲陽音楽学院が、東京ではパン・スクール・オブ・ミュージックがサポートしてくれたんだ。この2つの学校は今ではバークリーの提携校だよ。優秀な生徒をスカラーシップでボストンのバークリーに送り出しているんだ。

●Wasn't it very tough for you doing both teaching and touring at the same time?

I have a funny story about that. I told this story to Mr.Lee Berk( who was then, the president/founder of Berklee) when I was awarded Berklee's "Distinguished Alumni Award" in the "mid-90's in New York City: During my second year of teaching at Berklee, I went on yet another one of my many routine 3 week tours with Sonny Rollins. During our concert performance in Paris, I suddenly started feeling really bad, and I assumed it was the "Flu". So during the concert, I decided to play above my normal level of high energy drumming, hoping to sweat heavily and "sweat-out" what I assumed was the "Flu". I sweated heavily, but I didn't get the expected "release" that would stop me from feeling bad. And, we had to travel to Barcelona, Spain on the next day. Soon after arriving at the airport Barcelona , we all went directly to our hotel.

●ボストンの大学内で教えるだけではなく、色んな活動をされていたのですね。当時、他のアーティストたちのツアーやレコーディングと授業との両立は、大変じゃなかったですか?

これには面白い話があってね(笑)。90年代中ごろにバークリーの「Distinguished Alumni Award」をNYCで受賞した時に、リー・バークに話したんだ。リー・バークはその後、バークリーの校長になったんだけど。バークリーで教えて2年目、ソニー・ロリンズから連絡をもらって、ヨーロッパ・ツアーに参加したんだ。ツアー3週目に、パリで演奏していた最中に、突然具合が悪くなってね。風邪かなあと思った。普段以上のエネルギーを使うように切り替えて演奏していたら、体中から滝のようなひどい汗が出てきてね。いつか汗が引く瞬間が来るだろうと思っていたんだけども、演奏が終わって楽屋に戻った後も、全然ひかなかった。翌日やっとのことでスペインのバルセロナに飛行機で移動して、なんとかホテルに転がり込んだんだ!

●Was it the flu?

I had the same feeling at first. But in my hotel room, I had a strange feeling on my face like an insect walking on it. So, I went to the minor in the bathroom and realized that I had red bumps all over my face and body. The band was scheduled to go to the venue for the "sound-check" 3 hours later, but I couldn't move at all. Sonny called a doctor to come to the hotel for me. The doctor examined me and said "Humm, it's seems like you have the "Chicken Pox", but Senor Campbell, you are 33 years old, right?" The chicken pox is primarily a kids disease.
Anyway, he gave me some medicine but I didn't get better. Finally Sonny told me that "Tommy, you must go to the Barcelona General Hospital with our interpreter". So, Sonny and the band did the gig without me that night. And also performed the 2 remaining concerts of the tour without me.

●インフルエンザだったんですか?

私も最初そうかなあと思ったんだけどね(笑)。顔が突然ムズムズしたと思ったら、赤い斑点が出てきて。あっという間にそれが全身に広がったんだ!3時間後にはサウンドチェックをしなきゃならない。でも私は全身の赤い斑点で腫れ上がって動けない!ソニー・ロリンズが呼んでくれた医者は、私を見るなり叫んだ。「なんだ、この斑点は!?水疱瘡みたいだなあ。でもセニョール、君は、もう33歳だろう?」医者は処方箋を書いてくれ、薬を飲んだけど全然よくならない。サウンドチェックの時間になっても、依然としてひどい状態だった。ソニーはそんな私を見て言ったよ。「トミー、通訳を連れて総合病院に行かなきゃダメだ」そんな訳で、その日のギグと、残っていた2つのコンサートは、ドラムレスでやることになったんだ。

●So did you go to the hospital?

Yes. I could bleary see (my vision was blurred), and I had a high fever and the "chills" so really had to go to the hospital. When I arrived at the hospital, it was in VERY bad condition. I could belive it! That place was so dirty, and 3 doctors examined me while smoking cigarettes! (which made me very dizzy) They required and ordered me to stay at the hospital for a week, but I literally ESCAPED from that dirty hospital by tricking the doctors into thinking that I needed to use the phone to call my family in America. Instead, I went to the airport immediately to fly back to Boston.

●病院には行けたのですか?

うん。目はかすむし、高熱は出るし。全然動ける状態じゃなかったんだけどね。だけどそこは、ゴミだらけのヒドイ病院だった!診察室に3人の医者が入ってきたんだけど、みんな私の前で煙草をふかして診察するんだよ(笑)!!ますます気分が落ちてきたよ。で、医者たちは「セニョール・キャンベル、水疱瘡ですね。1週間入院してください」って。だけど私は電話をかけに行くふりをして逃げた(笑)。そんなところに入院なんて、たまったもんじゃない!ホテルの荷物を取って、そのまま空港に直行さ(笑)。

●To Boston?

Yes, I was on my way, but during the flight, we suddenly heard an announcement that the plane would have to make a emergency-landing in Greenland! All of the passengers (including myself) had to stay at a hotel in Greenland for one night. I still had a high fever, blurred vision, and red bumps all over my body and I felt really cold. So I had to buy a long over coat at the hotel to keep me warm. It was an $850. luxurious leather coat, which I still own and wear to this day).
And I wore it that night to bed. The next morning, I took another plane to Boston, and arrived Boston in the morning at 10 o'clock. We finally arrived in Boston! I called my boss at Berklee from the airport then he told me to come straight into the Berklee to start teaching private students from 11 o'clock.

●ボストンに帰ったのですね?

そのはずだったんだけどね(笑)。飛行機が突然故障して、グリーンランドに一晩泊まるはめに!まだ熱があって寒気はするし、全身に赤い斑点が出ていたし。寒くてしかたなくって、ホテルで超ゴージャスな皮のコートを買ったよ。850ドルだよ、850ドル!!そのコートは今でも家にあるよ。でも、それを着て私はベッドの中で寝てたんだよ(笑)。なんせ震えが止まらなくてね。翌日グリーンランドから飛んで朝10時、なんとかボストンに着いた。私はすぐにバークリーのパーカッション科のボスに電話したよ。なんせツアーに出て3週間、レッスンをしていなかったからね(笑)。で、すぐに朝11時から個人レッスンをすることになったんだ。

●Even though you had a fever?

Yes. Even though I had the Chicken Pox! My boss told me that "If you don't come by 11'clock, you'll be fired" So I came in directly from the airport to teach. Drummer Steven Wolf, was a student of mine, and he never had the the Chicken Pox, so he send a messenger to me that he would be absent from my classes. But ,he still got my Chicken Pox. At least 2 students of mine got the Chicken Pox, from being in contact with my students who did attend my lessons upon my return.

●まだ熱があったのに教えたんですか!?

水疱瘡まで出ていたのにさ(笑)。「すぐに来て授業しなきゃ、君はクビだ!」っていわれたんでね(笑)。で、そのまま行って教えたよ。ドラマーのスティーブ・ウルフは当時私の生徒だったんだけど、噂でそれを知ってメッセンジャーで欠席を伝えてきたよ。彼はまだ水疱瘡にはかかってなかったからね。でも結局、彼には私の水疱瘡がうつったんだ。多分、私のレッスンを取った生徒から、間接的にうつったんだろうね。そんな訳で、少なくても生徒2人にはうつしたと思うよ(笑)。

●I heard that your private lessons are more different then average drum lessons.

Yes. Now, I'm primarily teaching drums, bass and vocal students. I am NOT a "typical" teacher with a "completely typical" method. But, of course from my years of being a student at Berklee, and later a instructor there too, I use many conventional methods as well.. I am a musician, artist and performer who shares his knowledge with his students, and I'm passing on the years of knowledge that received from many people such as: Uncle Jimmy, Dizzy Gillespie and Sonny Rollins, Kevin Eubanks, John McLaughlin, Berklee College Of Music, and so many great musicians that you can find listed on my website/homepage at: .

●トミーさんのレッスンは、普通のドラムスクールのレッスンとは一味違うと聞いたんですが。

そうだね。今はドラムだけではなく、ベースやボーカルの生徒も教えているよ。私は、いわゆる本の中の”完全に典型的”な知識を教える”典型的な”先生タイプの人間ではない。もちろん私は、バークリーの学生だったし、その後はバークリーでも教えていたわけだから、結局いろんなメソッドをミックスして私オリジナルの教え方が出来上がったって感じだよ。私はミュージシャンでありアーティストであり、パフォーマーだ。レッスンを通して、今までジミー叔父さんや家族、ディジー・ガレスピー、ソニー・ロリンズ、ケビン・ユーバンクス、ジョン・マクラフリン、バークリー音楽大学、そしてこれまで出会った他の偉大なミュージシャンとの共演や経験から、実際に私が学んだことを共有して、伝えているんだよ。私のHPからも、共演者やプロフィールを知ることができるよ。 

●If you had to choose one type of music for the rest of your life, which music would you choose?

OUCH!, that's a tough question. Jazz, Pop, Soul, Funk, R&B, Enka, "Hip Hop",
(the many "Ethnic" musics of the world), Classical Music, etc., love it all,
and it would be too difficult to choose just one of them.
But if I ABSOLUTELY HAD TO, I'd have to choose "Muzac"("Easy Listening) because then,
I could still hear MORE of my favorite songs in a wider variety of music, than just one style of music. And, If I ABSOLUTELY HAD TO choose one artist, I'd choose Stevie Wonder!!

●もし残りの人生で、1つの音楽しか聴けないとしたら、何を選びますか??

うーん、難しい質問だね。ジャズ、ポップス、ソウル、ファンク、R&B、演歌、ヒップホップ、エスニックミュージック、クラシック…。どれも愛しているから、一つだけを選ぶのってホント難しいね。どうしても選ばなきゃならないとしたら、MUZAC(BGMのこと)かな??なぜかっていうと、BGMで演奏されるいろんな種類の音楽から、自分の好きな演奏を思い出せるから。一つのスタイルの音楽を選ぶよりも、そっちの方がいいだろう?もしアーティストを1人だけ選ばなくてはならないなら。絶対スティービー・ワンダーだよ!

<お忙しいところ、どうもありがとうございました>

プロフィール  インタビュー CDリビュー  ライブ情報




ジャズジャーナリスト募集

@ジャズ広告掲載

ジャズ管楽器 ヤマハ Zxpress







・会社概要 ・サイトについて ・プライバシーポリシー ・ご利用規約 ・投稿規約 ・免責事項
Copyright Reserved By E-Jazz,Ltd