ジャズCD 新譜アルバム情報 - @jazz セロニアス・モンク - ジーニアス・オブ・モダン・ミュージック Vol.1

@ジャズ TOP
@ジャズをお気に入りに登録 @ジャズ新規メンバー登録
@ジャズをホームページに登録 @ジャズメンバ ログイン
@ジャズトップジャズライブハウスジャズミュージシャン音楽スタジオジャズレッスン・音楽学校関連ショップジャズコミュニティジャズサイトリンク集@ジャズメンバーメニュー

CDのレビューを書いて投票しよう!

@ジャズユーザーによる@ジャズユーザーの為のCDレビューのコーナーです!
レビューを投稿してランキングに投票してください!

Blue Note Records


ジーニアス・オブ・モダン・ミュージック Vol.1  ジャケット写真 ジーニアス・オブ・モダン・ミュージック Vol.1

孤高の天才ピアニスト初リーダー・セッション。

アーティスト: セロニアス・モンク
収録曲: 収録曲一覧
発 売 日: 2009/12/09

Amazon.co.jpで買う

口コミ情報 / カスタマー・レビュー

  1件のレビュー   投票してください   あなたの感想を教えてください
星5つ   (8) ★★★★★ 投票する

※レビューを投稿するには
メンバー登録が必要です
@jazz メンバーに登録
※登録は一切無料です。
星4つ   (5) ★★★★☆ 投票する
星3つ   (3) ★★★☆☆ 投票する
星2つ   (7) ★★☆☆☆ 投票する
星1つ   (6) ★☆☆☆☆ 投票する

天才の精魂こめたプレイを堪能できる。

★★★★★ 2013/1/10
5 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By HIRO0318 - レビューをすべて見る

このアルバムタイトルだからいうわけではないが、ジャズ界には数多くの天才がいたのだが、モンクこそ、そう呼ばなければならないミュージシャンだったかもしれない。個人的にお勧めなのはミルトとのクァルテット「Epistrophy」と「Misterioso」。バイブとピアノが奇妙に絡み合い、眩暈をさそう。『ミルト』に収められた「Evidence」も素晴らしい。この2人、どんどん別の方向へ進むが、これ発展させていたら別の50年代、60年代があったのだろうなあと思わせる。グリフィンとの『イン・アクション』には及ばないものの、「In Walked Bud」はここでも実にかっこいい。「'Round About Midnight」は淡々とした硬質な出来である。やはり天才、そう思わせるプレイだ。



ジャズジャーナリスト募集

@ジャズ広告掲載

ジャズ管楽器 ヤマハ Zxpress








・会社概要 ・サイトについて ・プライバシーポリシー ・ご利用規約 ・投稿規約 ・免責事項
Copyright Reserved By E-Jazz,Ltd