佐山雅弘質問箱 - ジャズ 総合情報 アットジャズ @jazz

佐山雅弘質問箱 アットジャズ

※当コンテンツに投稿されても、全てに答えられるわけでは御座いません。
※不適切だと見られる投稿は、予告無く削除されます。
<< 前のページ - 新規に質問を投稿する -
1/8  Page
次のページ >>
kamatajazzguitar
どのように指導されますか?
投稿日時:2017/04/04 10:41
こんにちは。以前も質問しましたが、今回はジャズ初心者から中級者向けのレッスンを佐山さんならをどのように教えるのか知りたくて質問させていただきます。自分はギター講師です。

枯葉などのスタンダードとジャズブルース(Billies Bouns)を課題曲として、ジャズコード(Triadや7th)からスケールなどの音楽理論、イヤートレーニング、リズムギターなどキリがありませんが、各生徒に合わせてやってますが、やはり音楽を聴いて弾くと言ったインプットアウトプットが大事と思い、そのサイクルを日常的に回すように仕向けています。

好きな曲を聴いてマネして弾く。

これが自分のスタイルですが、他のにも異なる観点からの
指導を知りたく投稿しました。

よろしくお願い申し上げます。

かずしげ
本田竹廣氏
投稿日時:2016/12/23 01:24
佐山先生 いつも素晴らしい演奏をありがとうございます。
ジャズマスターシリーズのビデオを見て佐山先生のファンになり CDを買いまくって聴いている 一ファンです。

本田竹廣さんのオリジナルで「T T C & T」という曲を
ソロ演奏されておられるのをYouTubeで拝見しました。
この曲は「本田竹廣の魅力」というアルバムのなかの
本田さんのオリジナル曲「エイント・ティル・ユー・ア・グッド・ウェイ・バット」の原曲になるのでしょうか?

すご〜く よく似ているのですが?
微妙に少し違っています・・。^^;
たいへん気になっています。

ご存知ならばお教えいただければ幸せです。
よろしくお願いします。
佐山雅弘
Re:本田竹廣氏
投稿日時:2017/02/14 22:33
佐山です。遅くなって済みません。ご指摘は正しいと思います。元の音源を知らないまま今まで(40年!!)演奏してます。というのも本田門下、兄弟弟子の津垣博道が弾いたのを教えてもらってその時に訊いたタイトルだったのでした。本田さんの家族の頭文字を並べたのだというエピソードでした。それはそれで微笑ましいタイトルですが、正式発表の時に然るべきタイトルを考えたのでしょうね。そういうことはよくあります。村上寛さんと演奏した時(本田さんがいなくなって随分経ってから)に「懐かしいけどどこかが違う気がするなぁ」と仰ってました。そこから考えても、頂いたご指摘は正しいと思います。教われて有難かった。ありがとうございます。
かずしげ
Re:Re:本田竹廣氏
投稿日時:2017/03/07 11:01
佐山先生
たいへん お忙しい中 貴重なお時間をさいていただき 
申し訳ございません。ありがとうございました。 
ごていねいに解答いただき これでスッキリしました。
益々の ご活躍を応援しています!

overture
生演奏とダンス
投稿日時:2016/11/05 23:35
Can't Stop Dancin' 2016、拝見しました。

佐山さんのスケジュールでご出演を知り、

未だ現役の名倉さんのダンスも観たかったので即決でした。

おしゃべりしているような佐山さんのピアノと

語りかけるような腕使い、軽やかなステップ。

贅沢なひとときをありがとうございました。

佐山さんコーナーはダンサーも一番リラックスした雰囲気でしたが

演奏はどのくらい遊びが許されていたのでしょうか。

譜面通りに毎回同じように弾いているとは思えず。。。

佐山さんはダンサーの動きを観ながら弾いていらしたので

振付に演奏を合わせていたのでしょうか。

1回しか観ていなくて、このような質問で申し訳ありません。
佐山雅弘
Re:生演奏とダンス
投稿日時:2016/12/08 16:27
はじめに
 ご投稿ありがとうございます。気にはなっていたのですがすっかり遅くなってしまいました。長くなりますが独り言だと思って聞いてください。

僕の場合のダンス音楽の作り方
 曲選び→振り合わせ→擦り合わせ→演奏決定+デモ音源渡し→その音に則って振り付け・・・という風に作業は進みます。ということは、音源を録音したときのフレーズやテンポで振りがつき、ダンサーたちはそれこそ血のにじむ思いをしてカラダに入れ込んでくれるわけですから、次に踊りと音を合わせた時にフレーズが違うと振りの意味合いが変わってくるし、何よりもテンポが違うとカラダの動きの土台から食い違うわけです。

踊り伴奏失格者
 僕はテンポを覚えるのが苦手。ピアノ1本でダンスのバックも数々経験したけれど周りに迷惑ばかり。それでも名倉先生は団員たちに「佐山さんはフレーズは勿論テンポもアドリブだからね。しっかり楽しめるようになって!」と優しく使い続けてくれました。そんな名倉さんからの“ショーの中で唯一の生演奏”のご指名は意気に感じるところ大。ある程度年配にもなったのだから一度くらいテンポもフレーズもきっちり覚えて、“アドリブを練り込んでで作った者を完成形として何度も演奏する”という、これはロック・ソウルの作り方に通じるのですが、そういうハードルを自分に課したのでした。

特訓
 練習は嫌いなのに、このたびは僕の音源でリハーサルしてくれている模様を録画してもらい、その踊りに合わせてピアノを練習する、という今までの自分では考えられない真面目さで取り組んでみた。そしてスタンダードばかりとはいえ、尺も展開も決め込まれている8曲を暗譜出来た。さぁ踊りを見ながら弾ける。

それでも日替わりになる
 するとあら不思議、踊り手とピアニストの呼吸で毎回テンポが微妙に違うのですね。その日の理想テンポみたいなところに両者が歩み寄ってく感じ。これは発見でした。BBMで踊るスタイルではあり得ない(これをジャズっぽいと言うのだろうか?)踊りとのコラボが楽しめたと思います。

決まっているということのジャンルによる相違
 フレーズに関していうと、今回の演奏はクラシック的な意味で言えばフレーズも日替わり。けれど、ジャズ的には固定されている。判りづらいですね。
 クラッシック的にはアルペジオの1音が違っても、“それは譜面と違う”ということになるけれど、僕らの側で言うと、“この部分はアルペジオ、ここになったらブロックコード”みたいな大まかな演出が決まっていることが既に毎回同じことをやる、という意味になるのですね。このファジーな感じにやっとたどり着いた、というのが音楽経験的な感想および自己評価です。ジャズミュージシャン全員が僕のように迷惑をかけてるわけではなくて、立派に務める人の方が多いです。僕という者がこの項目に対して不器用なだけ。

“間”かなぁ
 具体的には、レイコ先生がリフトアップされる前の八分音符とか、何人もがロコモーションで動いている時のリズムパタ―ンの4拍目の休符とか、バウンドすると言うか、タマる、というか、とにかくミリ単位ですが伸び縮みするんです。そこでクロックライクな拍でなく円を描くグルーブの円周や面積が微妙に呼吸する感じ。そのやり取りと、その結果の表現・印象がお客さんにとっての評価の対象。というか、好き嫌いだったり、”感動からシラケの間のどこかの地点”になっていくんでしょう。

おわりに
 質問回答というよりはつらつらと思いの丈を綴らせてもらいました。全部読んでくれたとしたらありがとう。読めなかった、チンプンだったといわれても何ら不満はありません。
overture
Re:Re:生演奏とダンス
投稿日時:2016/12/16 21:19
お返事ありがとうございます。
公演後の興奮にまかせて、ブログに気づかず投稿してしまいました。やはり初めはわらわらでしたか笑。
「決まっているということのジャンルによる相違」は毎日が初日のようないい意味の緊張感・集中力が生まれていたように思います。
リハの録画に合わせてピアノ練習という特訓もなさっていたとは!貴重なお話、ありがとうございます。その歩み寄りが、佐山さんと、そしてパートナーと呼吸を合わせていくことにつながるのですね。アドリブが入っているのに名倉さんのリフトもあって、すごいなぁと思っておりました。
音に反応して身体が動く踊りの原点と、名倉さんの振付が発する高揚感を堪能しました。鍵盤で踊っているような佐山さんの指先も感動的で、、、踊りとのコラボ、ぜひまた拝見したいです。
ご無事に…2年目を迎えられたことと思います。おめでとうございます。

あきちゃんこ
取手市民文化会館での演奏曲について
投稿日時:2016/10/03 16:18
はじめまして、あきちゃんこと申します。
昨日取手のジャズライブに行き、とても感動!!!
演奏して下さった曲のなかに、確か
「ハーベスト(みのり)」という曲があったと思います。
その曲入りCDを購入したく、会場外の売り場を見たの
ですが、どのCDにも見つけられず・・・
恐れ入りますが、その曲が入ったCD名を教えて頂けると
大変嬉しいです。
佐山雅弘
Re:取手市民文化会館での演奏曲について
投稿日時:2016/10/06 15:01
お便りありがとう。Harvest はビクターからCDを出していた時代の最後の作品”Sketch of Seasons”に入ってます。僕としては珍しくオリジナル作品ばかりを収めたアルバム。メンバーも曲ごとに変わっていて楽しめると思います。ただ契約会社を変えたので廃盤になってるかもしれませんね。アマゾンとかで探してみるといいかもしれません。見つかったらまた感想など聴かせてください。
あきちゃんこ
Re:Re:取手市民文化会館での演奏曲について
投稿日時:2016/10/22 06:55
佐山さま!ご返信ありがとうございました。
教えて下さったCDを探し、Amazonさんで見つけ手に入れました!おぉこの曲この曲!朝のコーヒータイムにピッタリだな〜と毎朝のテーマソングになりつつあります。
また生でお聞きしたいです♪

ちゃんりか
初めまして。
投稿日時:2016/09/29 21:31
初めまして!
私の母のジャズ好きな友達に紹介してもらい佐山さんを知りました!YouTubeなどで演奏を聴いてとても感動しました!

私は13年間クラッシックピアノを続けていて、今年に入ってからビックバンドに入り、ピアノパートとしてやっているのですが、コードも勉強中ですし、コードのアレンジの仕方や遊び方がわかりません。しかし、演奏会がたくさんあり即戦力とならなければならないのですがどうしても単調な伴奏になってしまいます。何か初心者でもできることはありませんか?

佐山雅弘
Re:初めまして。
投稿日時:2016/10/06 14:56
投稿ありがとうございます。僕はビッグバンドは不得手なのでアドバイス出来ませんが、ピアノはそんなにやることがないよなぁ、と思ってます。オーケストラピアノ、というのがありますね。ソリストでなく、オケのアンサンブルとしてのピアノ参加。間違えると目立つし、合っているときは埋もれていて目立たない、というとても地道な努力とある種の人格を要求されるポジションです。ビッグバンドのピアノも似てるかなぁ?ただブラスアンサンブルに厚みとアタックを与えるためのテクニックはあるようです。
@数少ない目立つ(活躍が要求されているところ)を把握して、そこだけはかっこ良く作り込む。
Aテンション数字(9とか13とか♭5とかの数字)は面倒でも間違わないように(間違えそうだったら単純なコードで)弾くようにする。
Bベイシーバンドを聴きまくる。←大音量で聴いてるととりあえず嫌なことが全部吹き飛びます。これは本当!
 物足りない回答で済みません。

新松戸の音楽教室・スタジオ 有料広告登録について イベント集客について ライター募集 出張演奏について

お勧めイベント・プレゼント

Miyagi Autumn Jazz Live 2017

Miyagi Autumn Jazz Live 2017
抽選で2組4名ご招待!!

アロルド・ロペス・ヌッサ トリオ&ジャズフォー東北
2017年9月9日(土)
17:00開場/17:30開演
場所: 東京エレクトロンホール宮城(仙台)


ライブスケジュール セッションスケジュール
ライブとセッションのスケジュールをチェック!


バンドメンバー募集 バンドメンバー募集
全国のバンドメンバー、セッションメンバー募集情報

出演者募集 出演者募集
全国のライブハウス、イベントなどの出演者募集情報

ライブハウス情報 全国ライブハウス情報
全国のライブハウスの情報!
地域ごとでの検索が可能

求人情報 音楽関連求人情報
音楽講師・ライブハウスのスタッフなど、音楽関連のお仕事の紹介!

物件情報 物件情報
ライブハウスや音楽スタジオなど最適な物件をご紹介!

スタジオ情報 スタジオ
全国のスタジオ情報掲載中!練習する場所を探そう!

音楽学校情報 音楽学校
音楽学校情報掲載中!詳細はこちら!

ジャズミュージシャン ジャズミュージシャン
トッププロからアマチュアまで。特集インタビューも掲載

ジャズイベント情報 イベント情報
チケットプレゼント、無料イベントのご紹介です!

ジャズ ジャムセッション ジャムセッション
全国のジャムセッション情報、演奏をして仲間を見つけよう!

楽器関連情報 楽器関連情報
新製品情報、プロミュージシャンによる試奏レポートなど

CDレビュー CDレビュー
アットジャズメンバーによるジャズの名盤ランキング

レンタルホール・箱貸し レンタルホール・箱貸し
ライブ会場、ライブハウス、レストランの箱貸し情報

ジャズミュージシャン ジャズ入門講座 (歴史編)
ジャズの誕生から現代ジャズまでの流れをご紹介

全国楽器店 全国楽器店
全国の楽器店情報、楽器の種類、エリアで検索できます

ジャズ携帯版 @ジャズ携帯版
携帯用のアットジャズサイトです

ミュージシャン特集記事 ミュージシャン特集記事
ミュージシャン特集記事のバックナンバーです。

アットジャズ メニュー

ライター募集 ジャズ管楽器 ヤマハ Zxpress アットジャズ求人募集

会社概要      サイトについて      プライバシーポリシー      ご利用規約      投稿規約      免責事項
Copyright (C) 2012 E-Jazz Co.,Ltd.All rights raserved.

@JAZZ Twitterアカウント