佐山雅弘質問箱 - ジャズ 総合情報 アットジャズ @jazz

佐山雅弘質問箱 アットジャズ

※当コンテンツに投稿されても、全てに答えられるわけでは御座いません。
※不適切だと見られる投稿は、予告無く削除されます。
<< 前のページ - 新規に質問を投稿する -
1/7  Page
次のページ >>
TE君
はじめまして
投稿日時:2016/08/19 02:45
「枯葉」の教則ビデオは繰り返し鑑賞しております。
グランドピアノの脚柱が3本の理由ネタはツボだったりします。

その頃担当されていた『ゴールデン洋画劇場』は秀逸で、映画本編を観ることが無くともオープニングだけ視聴することもありました。
アニメの尺にシンクロしたテレビサイズだったので、それぞれのテーマをフルコーラスで拝聴したいと当時からリリースを待ちわびており、もっと劇伴に携わって頂きたいと思う程のオーケストレーションです。


さて、メロを下声で弾くカントリー奏法についてなのですが、重音のトップノートに選ぶ音や定番フレーズ、またお勧めの3度トリルをお伺いしたいです。

あと、ローズ等のエレピをお弾きになる際、スタンスを変えていらっしゃることがもしありましたらお教え下さい。
佐山雅弘
Re:はじめまして
投稿日時:2016/08/19 09:45
お便りありがとうございます。僕の悪いクセで、肝心なこと以外に言いたいことが山ほど出てきちゃうのでエッセイ代わりに使わせてもらっちゃいながら、対話方式で書き進めます。飛ばし読みしてもらって結構ですからお付き合いください(ってどっちなんでしょうね?)。

「枯葉」の教則ビデオ

ありがとうございます。ファンの間では“ジャズ漫談”と呼ばれながら好評なのです。

グランドピアノの脚柱が3本の理由

大元は羽田健太郎さんネタ。

『ゴールデン洋画劇場』/もっと劇伴に

それはそれは嬉しいです。もともとのタイトルバックは八木正夫さん。アニメーションは勿論和田誠さん。番組編成替えで10秒短くする際に八木さんがこの世にいなかったので、和田さんのご指名で働きました。プレッシャーもキツかったし、仕上がりも八木バージョンのあまりの素晴らしさに自信が持ちきれないでいました。だからそういう間奏はとても嬉しく、有り難いです。
 劇伴奏やCMもいくつか手掛けてはいたのですが、音楽監督<音楽プロデューサー<代理店<クライアント。音楽に無関心な度合いが強まるほど決定権が大きくなる、という図式がどんどん定着してきて、ある時期から断る方が多くなりました。CMは特に番組ナカより音量を上げるのが当たり前になってしまったし(昔は音量を揃えましょう、などと奨励してたものですが、クライアントにゴマを摺りたい代理店には逆らえなかったのですね。)名曲を使っていても音楽的なことに全く関係なく秒数でブチリと途切れるのが当たり前になってますね。心が痛むのでTVは観ません。
 というわけで、気心の知れた作家(和田誠さんや鈴木聡さんETC)と好きに書ける環境が整った場合のみ働いてます。プロとしては我儘なんですけどね。

内声でメロを弾くカントリー奏法/重音のトップノート/お勧めの3度トリル

カントリー奏法というのがよく分かりませんが、メロディを弾く時に旋律より高い音を付け足すことだと思います。トップノートに付け足す音としては“コードの1か5”。Cだったらcかgですね。ビートルズ、イエスタデイ。キーがFとして、サビの3小節目のC7のメロに上のcまたはgを足しながら弾く感じ。あとは“調性の1か5”。同じイエスタデイの出だし2小節目。A7でトップノートにfを足しながらahc#def(最後のfが単音に合流)と弾くと感じが分かります。
 3度トリルの基本形はコードの3°5°でしょうね。ついでだからイエスタデイにするとアタマのFでのバッキングでacのトリル。2小節目のA7ではc#e。転回してec#でも。展開してc#aの6°もきれいです。いずれも下部の音に向かって半音二つ三つグリッサンドポく入れてからトリルする。

ローズ等のエレピ

 フェンダーが出始めの頃に入っていたバンドのリーダーに「エレピを弾いている時の方がサウンドが良い」と言われたことがあります。団子(密集系を含む音数の多いボイシング)で弾くと、生ピアノのように響かず、うるさくなるだけ。ギターのボイシングや和声法の基本を意識して4声体主体に弾いていたのですね。これは生ピアノにフィードバックしても役立つのでオススメ。あと一つは音出し、音切りのタイミング。アタックも減衰時間も生ピアノと随分違うので、コードの弾き始めはバスドラの中(ドゥンという音のドゥとンの中に嵌めるイメージ)、コードの抜きはスネアの中(バシンという音のバとシンの間に嵌めるイメージ)。具体的にどうこうというより、それほど気を使って演奏することが効果があったのでしょうね。このことは今でも気をつけています。鶴谷智生・バカボン鈴木、なんていう一流のリズムセクションに入ってこれをやると、まぁ面白いほど決まってキマッて、バッキングを8小節もやっているうちには随分ハイになっちゃいます。エレピはバッキングが楽しい。ファンクもので白玉弾きながらバンドのグルーブに身を任せている、なんて状況はもはや天国ですね。
TE君
Re:Re:はじめまして
投稿日時:2016/08/20 14:55
ジャズ漫談シリーズの次回作はリズム隊も加えて、エレピでセッション編とかいかがでしょう。この質問箱で皆さんとやり取りされた内容を織り交ぜて実演して頂きたいです。


やっばりトリルもグリスアップで始めるのがキモですよね。
オクターブユニゾンやブロックコード(シアリング奏法)も同様に、ボトムの要所要所でグリスアップを弾くのがポイントだと思っていたりもするのです。
丁度ハネケンさん(SUPER4)の動画がアップされているのですが、ボイシングについての解説だけで、その点には触れられて無いのが残念でもあります。

https://www.youtube.com/watch?v=I6srsv50rGk


今後オケとレコーディングする機会があれば、「『ゴールデン洋画劇場』テーマ」も収録して頂けるとありがたいです。

ご丁寧にお答え頂きまして、誠にありがとうございました。

カッキー
次を楽しみにしております
投稿日時:2016/08/20 00:20
こんばんは
いつも素敵な演奏をありがとうございます。
7月のステージでは、アンコールを何度も演奏していただき感激しました。
自分用にと記念アルバムを作ろうと思いましたが、何の曲を演奏してくださったか、覚えていなくて…
セトリを教えていただけると嬉しいです。
9月は仙台に聞きに行きます。楽しみです♪
10月からのスケジュールもわかればお知らせくださいね。
このような質問でも大丈夫ですか?ダメな時はすぐに削除されてくださいね

karasu
ラディック
投稿日時:2016/05/12 18:36
はじめて投稿させていただきます。
今日、Isfahanをyou tubeで検索していた時に佐山さんのソロ演奏を聴いて、素敵だなと思っていたら、その後とても美しい曲を弾かれだして、ベートーベンの悲愴のメロディーまで飛び出して、ビックリしてネットで調べてみたら、その曲が『ラディック』という佐山さんの曲だということにたどり着きました。
早速アマゾンでCD予約しました。 とても楽しみです。

ところで、この美しい曲を弾いてみたい。という欲望が湧いてきたのですが、楽譜など販売されてらっしゃるのでしょうか?
佐山雅弘
Re:ラディック
投稿日時:2016/06/25 09:02
譜面は出版してないですが、都合が付くものなら差し上げます。7月は2日のピットインを始め札幌から下関まで廻ります。お住まいのお近くで、店を通じて連絡いただけたら方法を探りましょう。僕も譜面の在処を探してみます。

あっちゃん
セカンダリードミナント7thコードのナチュラル7thについて
投稿日時:2016/05/09 15:06
佐山さん、こんにちは
良くあるコード進行でキーがCの場合Cmaj7 - Cmaj7 - Am7 - C7 - Fmaj7などのC7からFmaj7に進行する場合の4小節目のC7のところなのですが、私の耳にはC7のb7thにあたるBbの音があっていないように聞こえてしまいます。bを付けないBナチュラルの音があっているよう聴きこえます。
縦の和音を考えるとおかしな響きであるはずなのに、私の音感がずれているのでしょうか?
それとも理論的に起こりえることなのでしょうか?
ご教示いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
佐山雅弘
Re:セカンダリードミナント7thコードのナチュラル7thについて
投稿日時:2016/05/12 11:10
セカンダリィドミナント不要論!いいですねぇ。わかります、その気持ち。「Sohisticated Lady」のサビ。それまでのAbがサビでGに転調するのにAm7D7とお膳立てするのが僕は嫌い。サビのアタマで突然「あれっ?半音下!?」というのがかっこ良いんだなぁ。ただ、サビからAメロに戻る時にはG7というその場(サビ)のトニックセブンをb9に、Cm(Gの4度Bbの2度というピボットコード)を使ってEbm Cm7-5 F7b9 とうま&#12316;く回り込んでBbm7(元キーAbの2度)にたどり着くのが、メロディと渾然一体の快感になっている。そこがこの曲のポイントでもある。だから一概にセカンダリィドミナントを一概に論ずることはできないのだけれど。
 例に出されていた、Cmaj をC7(またはGm7 C7)に変化または通過して Fmajにたどり着く場合。C7はCにとってT7、FにとってはX7という、ピボットになっているのだが、Tだけに、トニックメジャーがセブンスになる違和感がありますね。トニックはメジャーであってほしい。彼の変わっちゃった姿なんて見たくない、みたいな。
 そういう趣味の人は実際にいて、キャロルキングがレコーディングでクルセイダースと共演したとき、トニックにセブンスを入れた際に「そういう濁ったコードはやめて」と頼んだ、というエピソードがあります。ま、この場合は、ブルージィな感じを入れるかどうか、それが楽曲に適しているか、という課題ですが、CのキーなのだからFのコードに行くぎりぎりまでは調性感の残っている方が好き、ということで良いんじゃないでしょうか。
 
 颯子はサナトリウムの白いばかりの壁を見つめていた。同じ頃純一郎は故郷の山にいた。
(段替え)
 木々は青々として…….

という段落替え前に予感を入れるより…………

 颯子はサナトリウムの白いばかりの壁を見つめていた。
(段替え)
 木々は青々として風が心地よい。純一郎は故郷の山で颯子のことを考えていた。

という場面転換な感じ?
あっちゃん
Re:Re:セカンダリードミナント7thコードのナチュラル7thについて
投稿日時:2016/06/20 18:53
私の感覚がずれてしまっている訳ではないとわかってとても安心しました。一流のプロの方々の中にもたくさんの方が同じように感じることがあるのだということが知れたのがとても誇らしく思えます。ご丁寧にご回答いただき本当にありがとうございます。
お礼が遅れてしまい申し訳ありませんでした。

バド
ピアニストとして
投稿日時:2016/05/06 11:05
プロのジャズピアニストと、もしくは必要とされるジャズピアニストとして、必要な能力。最低こういうことが出来ないといけないという事を教えていただけませんでしょうか?
僕は、多くの曲を知り、対応力。なのかなと思いました。
ご意見お聞かせください。
宜しくお願い致します
佐山雅弘
Re:ピアニストとして
投稿日時:2016/05/12 11:09
多くの曲を知り、対応力。全くその通りです。
多くの曲を覚えると、それだけて@形式Aコードプログレッション(和声信仰)の仕組みとハーモニックリズムが体感出来ます。その上で理論的なことを勉強すると、「あぁ、このような時にこんな風に感じるのはこういった理由によるのか」と、アタマとカラダが同期します。

全てを支えるのは「ソルフェージュ能力」だと僕は思うのです。読譜と聴音。読み取りと聴き取り。とくに聴き取り。譜面はそれほど読めなくてもリハーサルで覚えればよい。読める人に限って、譜面に書いてあることだけを演奏して良しとする嫌いもある。譜面に現れている情報なんて、クラシックでもとても少ないのに。

共演者が何の音を出しているか、歌がどのように歌っているか。そこを登り詰めた先で、「この人は何を言おうとしているか、表現したいのか」にたどりついて、伴奏は勿論、共演の醍醐味になっていくのです。

と、ここまでは音楽的な項目。仕事がもらえるためには、という世間的な項目を述べます。それは・・・
@ 挨拶A無遅刻
ということです。上手で挨拶出来ない人、達者だけど遅刻する人、仕事がありません。
多少できは悪いが挨拶がしっかり出来る人(明るい暗いは無関係)、遅刻をしない人(どうしようもないときはきちんと事前連絡する人)には仕事があります。
演奏の仕事ってピンからキリまであるんだから、どこかには収まれます。

以下冗談っぽく。
譜面→読めないプロはいっぱいいる
協調性→なくても挨拶と無遅刻で大丈夫。
テクニック→個人々々の技術の範囲で合わせることのできるのがジャズと言う音楽。
理論→知らないし、説明もできないけれど、きちんとプレイしてる人はいっぱいいる。歴史上の偉人にも。
最後にリズム→リズムの悪いプロもいっぱいいる。・・・けど、リズムに関してはさすがにダメダメまでの人はいないかも。

結論:同じテンポで共演出来て、挨拶ができて、遅刻しなければ、どこかの仕事場には収まれる。というところでしょうか。
バド
Re:Re:ピアニストとして
投稿日時:2016/05/12 13:05
佐山さん


通常の仕事と同じく凄く基本なことですね!
必要なのはテクニックばかりと思ってしまいがちでした。
あとソルフェージュも是非実践して行ってみます。

ありがとうございました!

有料広告登録について イベント集客について

お勧めイベント・プレゼント

取手JAZZDAYz!2016 Miyagi Autumn Jazz Live

取手JAZZDAYz!2016
出演者募集!
抽選で2組4名ご招待!!

2016年10月2日(日)
開場 17:30 開演 18:00
場所: 取手市民会館 大ホール

Miyagi Autumn Jazz Live
抽選で2組4名ご招待!!

2016年9月10日(土)
開場 17:00 開演 17:30
場所: 東京エレクトロンホール宮城 大ホール


ライブスケジュール セッションスケジュール
ライブとセッションのスケジュールをチェック!


バンドメンバー募集 バンドメンバー募集
全国のバンドメンバー、セッションメンバー募集情報

出演者募集 出演者募集
全国のライブハウス、イベントなどの出演者募集情報

ライブハウス情報 全国ライブハウス情報
全国のライブハウスの情報!
地域ごとでの検索が可能

求人情報 音楽関連求人情報
音楽講師・ライブハウスのスタッフなど、音楽関連のお仕事の紹介!

物件情報 物件情報
ライブハウスや音楽スタジオなど最適な物件をご紹介!

スタジオ情報 スタジオ
全国のスタジオ情報掲載中!練習する場所を探そう!

音楽学校情報 音楽学校
音楽学校情報掲載中!詳細はこちら!

ジャズミュージシャン ジャズミュージシャン
トッププロからアマチュアまで。特集インタビューも掲載

ジャズイベント情報 イベント情報
チケットプレゼント、無料イベントのご紹介です!

ジャズ ジャムセッション ジャムセッション
全国のジャムセッション情報、演奏をして仲間を見つけよう!

楽器関連情報 楽器関連情報
新製品情報、プロミュージシャンによる試奏レポートなど

CDレビュー CDレビュー
アットジャズメンバーによるジャズの名盤ランキング

レンタルホール・箱貸し レンタルホール・箱貸し
ライブ会場、ライブハウス、レストランの箱貸し情報

ジャズミュージシャン ジャズ入門講座 (歴史編)
ジャズの誕生から現代ジャズまでの流れをご紹介

全国楽器店 全国楽器店
全国の楽器店情報、楽器の種類、エリアで検索できます

ジャズ携帯版 @ジャズ携帯版
携帯用のアットジャズサイトです

ミュージシャン特集記事 ミュージシャン特集記事
ミュージシャン特集記事のバックナンバーです。

アットジャズ メニュー

佐山雅弘 質問箱

ライター募集 ジャズ管楽器 ヤマハ Zxpress アットジャズ求人募集

会社概要      サイトについて      プライバシーポリシー      ご利用規約      投稿規約      免責事項
Copyright (C) 2012 E-Jazz Co.,Ltd.All rights raserved.

@JAZZ Twitterアカウント