ジャズ総合情報 @jazz - オーディオ入門 ( Audio Seminar ) デジタルとアナログ 【その2】

@ジャズ TOP
@ジャズをお気に入りに登録 @ジャズ新規メンバー登録
@ジャズをホームページに登録 @ジャズメンバ ログイン
@ジャズトップジャズライブハウスジャズミュージシャン音楽スタジオジャズレッスン・音楽学校関連ショップジャズコミュニティジャズサイトリンク集@ジャズメンバーメニュー
ジャズ オーディオ入門講座

オーディオ入門講座

第1回 超入門 第1回 超入門   第2回 基本の3装置 第2回 基本の3装置   第3回 アンプの基礎 第3回 アンプの基礎  
第4回 プレーヤーの基礎 第4回 プレーヤーの基礎   第5回 デジタルとアナログ【その1】 第5回 デジタルとアナログ【その1】  


第6回 オーディオ講座
〜 デジタルとアナログ 【その2】 〜


前回は「デジタルとアナログの違い」をその記録方式の違いという観点から解説させていただきました。今回は、両者の「音質」という観点でお話をしたいと思います。
アナログ録音の音は前回お話した通り、音の波形をそのままレコードの溝や磁気テープに記録する方法でした。アナログの音の良さはよく「暖かみがある」と表現されます。これはCDが発売された直後のデジタル変換技術にも要因があるようです。CDの音質については当初色々な反応がありました。「冷たい音だ」、「ぬくもりが感じられない」など等。確かに初期のCDはアナログレコードと比較すると多少そのように感じるような面もあったかもしれません。またアナログレコードはCDのように20Hz〜20KHz以外の音をカットするというような事は行われていません。また、デジタル録音は音の波形を細かく区切って数値化しているため、音の波形をそのまま記録するアナログよりも優れているという考え方もあります。
では、上記のような利点がありながら、なぜ現在「デジタル録音」、「CD」が主流になったのでしょうか。理由はいくつかあります。一つは「劣化しない」ということ。アナログ録音を記録するレコードや磁気テープは経年劣化を免れません。さらにコピーする度に音質が劣化します。また、録音機器や再生機、メディアそのもののコンパクトさ携帯性という理由もあります。さらに音質。アナログ録音の話と矛盾するようですが、この「音質」という点は避けて通れません。先ほどもお話した通りCDは周波数帯域が20Hz〜20KHz以外の音はカットされています。なぜなら人間が「音」として認識できるのがこの周波数帯域とされているからです。これを超える周波数帯は人間は「音」として認識できません。例えば、皆さんご存知の「犬笛」がそうです。周波数は20KHzから22KHzと言われています。また、そもそも音の入り口であるマイクロフォンはスペック上でも20Hz〜20KHzを超えるものは音響測定用マイク等特殊なものを除けばほとんどありません。さらにスペック上は20Hz〜20KHzとなっていても実際に測定するとスペック通りとはいかない場合が多いようです。つまり、音の入り口の範囲を超えて録音することや、人間が「音」として認識できない音を記録する事が、そのまま良い音質に繋がるかどうかは疑問が残ります。またそもそもアナログレコードでは、10KHzを超える高音は多くが減衰してしまうという話もあります。この事もCD発売当時の技術不足に加えて「冷たい音」という評価になってしまったのではないでしょうか。

「音は出口も大事」

音の入り口が「マイクロフォン」であれば、出口は「アンプ」、「スピーカー」ということになります。CDを市販のオーディオシステムで再生し、その音を測定すると実は30KHzくらいの周波数帯域まで出ているそうです。本来20KHzまでしか録音されていないはずのCDの音がなぜ30KHzまで出ているのでしょう。これは「アンプ」で音を増幅際に「倍音」が発生するためです。現在でも「デジタル・アナログ論争」は、ありますが、単に録音方式だけの問題ではないようです。結局「良い音」というのが「劣化が無く、高周波数帯域まで出せ、ノイズが無い」ということになればデジタルに軍配が上がるでしょう。しかし「良い音」というのは「好み」の問題ではないでしょうか。食べ物と同じように、ある人が「おいしい」といっても万人が美味しいと言うことは考えにくいですね。同様に誰かが「まずい」といっても「おいしい」と言う人はいるでしょう。「良い音」というのも結局は好み、主観であるように思います。言い換えれば、それだけ奥が深いということですね。

豆知識:「CDは、なぜ74分なのか?」

ではCDの長さはどうやって決まったのでしょう。多くの方はご存知かもしれませんが、これは二つの説があります。一つは、世界的に有名な指揮者カラヤンの「鶴の一声」で決まったという話です。もともとCDの規格は日本のソニー社とオランダのフィリップス社によって進められていたのですが、収録時間をめぐってはなかなか意見がまとまらなかったそうです。 そこで、当時ベルリン・フィルハーモニーの指揮を務めていたカラヤン氏に相談したところ、世界で一番長い曲とされる「ベートーベン交響曲第9番」が収録できるようにというアドバイスをもらい、決定に至ったという話です。「第九」は、カラヤン指揮の演奏時間、さらにそれに少し余裕を持たせるとちょうど74分くらいになった、という説です。CDのサイズも74分の収録を可能にするために12cmとなったということです。またこの話は別説もあり、当初60分の規格を進めていたフィリップス社に当時のソニー社社長が「ベートーベン交響曲第9番を一枚に入れたい」と提案したためという説もあります。 いずれにしても「ベートーベン交響曲第9番」が大きく影響しているということは間違いないようです。

携帯型レコーダーの歴史


家庭や持ち歩いて録音できる機材としては1960年代のオープンリールテープがその先がけでした。オープンリールテープとはカセットテープのように磁気テープを使って録音する方法でした。しかしオープンリールはカセットテープと異なりテープをリールに巻き付けただけの物でしたから、取り扱いが難しく、またプレーヤー自体が何キロもする代物でとても「携帯」できるものではありませんでした。次に普及したのはカセットテープ。ソニー社の携帯型カセットプレイヤー「ウォークマン」が1980年代に爆発的にヒットし、録音機能が付いたものが発売されたのです。しかし、カセットテープ自体の音質はあまり良いものではありませんでしたし、「ヒスノイズ」という再生時に発生してしまうノイズを避けることはできませんでした。そしてMDをメディアとしたもの、DAT、そして現在の半導体メモリーを使ったものまで進化したということは前回解説した通りです。では、現在の「リニアPCM」とは何のことでしょう。まず、「PCM」とは「Palus Code Modulation(パルス符号変調)」と頭文字をとった略語です。なんだか難しそうですが、前述の音の波形をデジタル化する方法のことです。では「リニア」とは何でしょう。これはPCMという方式でデジタル化する際に元の音に対して「手を加えない」、「省略しない」と言う意味です。人間の耳はその音の大きさや種類によって異なる聞き方をします。例えば大きすぎる音や小さすぎる音は感知しません。単なる「PCM」では、この人の聴覚に合わせてその録音時に区切り方を変えて録音しているのです。一方、リニアPCMは、これらの事を行わないので、より現音に忠実な録音が可能ということになります。

@ジャズお勧め YAMAHA「POCKETRAK C24/W24」


@ジャズがお勧めするヤマハ「POCKETRAK W24/C24」は、この「24bit/96kHz」の録音を非常にコンパクトなボディで実現。イコライザー、リミッターといった録音に大切なエフェクトはもちろん、チューナーやメトロノーム、リピート再生機能といったミュージシャンにうれしい機能が満載です。さらに内蔵スピーカーや再生速度の調節といった再生機能や同梱の『Cubase AI』ソフトウェアでの編集作業など、録音後の作業をさらに充実させる機能も備え、楽器練習や音楽録音をはじめとする、さまざまな用途に応えるラインアップとなっています。
「POCKETRAK W24」は上位機種として本格的な24bit/96kHz録音を活かす大口径・高感度90°X-Yマイクを搭載し、奥行き・定位感に優れた録音を可能にすると共に、ワイヤレスリモコンを搭載したことにより快適な録音作業が可能です。
POCKETRAK W24 抽選で3名様にプレゼント!

「POCKETRAK C24」は、その名の通りポケットに容易に入る約57gの軽量・コンパクトなボディながら高解像度24bit/96kHzリニアPCM録音を実現。さらにUSB端子に取り付けるユニークなクリップが同梱され、マイクスタンドや譜面台へのセッティングが可能。メトロノームやチューナー機能とともに楽器のレッスンやバンド録音をサポートしてくれます。
POCKETRAK C24 抽選で3名様にプレゼント!

ぜひ一度、ご自分の演奏を高音質な音で聴いてみてはいかがでしょう。


オーディオ入門講座        関連ページへ >>


第1回  超入門

第2回  基本の3装置 (スピーカー・アンプ・プレーヤー)

第3回  アンプの基礎 ( 取材協力:株式会社トライオード)

第4回  プレーヤーの基礎 (プレーヤーの性能は?)

第5回  デジタルとアナログ 【その1】

第6回  デジタルとアナログ 【その2】


PCオーディオ入門講座        関連ページへ >>


第1回  PCオーディオを楽しみたい!

第2回  ネットワークオーディオってなんだろう

第3回  スピーカーの選び方  ( 取材協力 : JBL )

第4回  自分に合ったスピーカーの見つけ方  ( 取材協力:ELAC )

第5回  USB-DAC ・ ハイレゾ音源  ( 取材協力:ONKYO )

第6回  音源 ・ リッピング

第7回  音源圧縮

第8回  iPhone、iPad、iPod touch がリモコンになる !?

第9回  インターネットラジオ 【その1】

第10回  インターネットラジオ 【その2】


PCオーディオ入門講座 【 動画編 】


Dr.泉川が解説! PCオーディオ入門講座

Dr.泉川が解説! marantz NA7004 を使いこなす!

Dr.泉川が解説! PCオーディオ入門講座     Dr.泉川が解説! marantz NA7004 を使いこなす!

@ジャズ オーディオ プレゼント

ONKYO D/Aコンバーター DAC-1000 (S) ONKYO D/Aコンバーター DAC-1000 (S)
192kHz/32bit対応USB端子を装備。徹底した音質重視設計により高品位なD/A変換を実現。新時代にふさわしいハイコストパフォーマンスD/Aコンバーター!。ONKYO の D/Aコンバーター DAC-1000(S) を抽選で1名様にプレゼント! 応募受付終了
e-onkyo music クーポン e-onkyo music クーポン
24bit/96kHz〜192kHz、またDSD1bit/2.8MHzなど高音質フォーマットで配信を行う高音質音楽配信サイト「e-onkyo music」で曲を購入できる e-onkyo music 無料クーポンを抽選で30名様にプレゼント! 応募受付終了
ELAC スピーカー BS 53.2 ELAC スピーカー BS 53.2
多彩な音色と豊かなエネルギーで、様々なニーズにフレキシブルに対応するブックシェルフ・タイプ。ELAC の 2ウェイ・バスレフ型スピーカー BS 53.2 を抽選で1名様にプレゼント! 応募受付終了
ELAC スピーカー BS 52.2 ELAC スピーカー BS 52.2
オーディオマニアも注目する50 LINEのユニークな存在。モニターライクな再現性のデスクトップ・タイプ。ELAC の 2ウェイ・密閉型スピーカー BS 52.2 を抽選で1名様にプレゼント! 応募受付終了
JBL ステレオアクティブスピーカー CAS-33 JBL ステレオアクティブスピーカー CAS-33
ハイパワーデジタルアンプ搭載、本格デスクトップ用Hi-fiスピーカー。パソコンで本格的なサウンドを楽しみたい人にオススメ!JBLのステレオアクティブスピーカー CAS-33 を抽選で2名様にプレゼント! 応募受付終了
マランツ (marantz) ネットワークオーディオプレイヤー NA7004 marantz ネットワークオーディオプレイヤー NA7004
ピュアオーディオの未来を拓く、HiFiネットワークオーディオプレーヤー
高級オーディオメーカー マランツ (marantz) の最新ネットワークオーディオプレイヤー NA7004 を抽選で1名様にプレゼント! 応募受付終了
モニターレポート
ヤマハPCMレコーダー 「POCKETRAK C24」 ヤマハPCMレコーダー 「POCKETRAK C24」
世界最小・最軽量、約57グラムのボディでCDを超える24bit/96kHz録音が可能。
MP−3なら電池1本で連続約26時間の録音が可能なヤマハのリニアPCMレコーダー「POCKETRAK C24」を抽選で3名様にプレゼント! 応募受付終了
モニターレポート
ヤマハPCMレコーダー 「POCKETRAK W24」 ヤマハPCMレコーダー 「POCKETRAK W24」
CDを超える24bit/96kHz録音が可能。大口径のX−Yマイクを搭載し、ワイヤレスリモコンで離れたところから操作もできるヤマハのリニアPCMレコーダー「POCKETRAK W24」を抽選で3名様にプレゼント! 応募受付終了
モニターレポート
マランツ (marantz) パーソナルCDシステム CR201 marantz パーソナルCDシステム CR201
ディスプレイ部はCDプレーヤーのドアも兼ねたファッショナブルなハーフミラーデザインを採用した高級オーディオメーカー マランツ (marantz) の高機能パーソナルCDシステム CR201 を抽選で1名様にプレゼント! 応募受付終了
マランツ (marantz) インイヤーヘッドホン HP101 marantz インイヤーヘッドホン HP101
常に理想のリスニング環境を求める人へ、高級オーディオメーカー マランツ (marantz) のインイヤーヘッドホン HP101 を抽選で2名様にプレゼント! 応募受付終了

@ジャズお勧めオーディオ情報 / 試聴レポート

マランツ (marantz) ネットワークオーディオプレイヤー NA7004 marantz ネットワークオーディオプレイヤー NA7004
ピュアオーディオの未来を拓く、HiFiネットワークオーディオプレーヤー。多様化する音楽ソースを高音質に再生することでかつてない感動体験をお届けします。
トライオード真空管アンプ TRV-88SE 拡張性にも優れたトライオード社 一押し真空管アンプ!
価格、音質、外観の全てに於いて充実したTRV-88SE。また将来の発展要素として同社のプリアンプTRV-4SEを用いることで本機をパワーアンプとして利用、本格的セパレートアンプとしての楽しみも秘めています。

オーディオ界の最新事情

Blu-specCD ソフトも進化しています 【Blu-specCD™】
あのブルーレイがCDになりました。とんでもなくクリアな音で、名盤たちが次々と復活しています。しかも、CDプレイヤーで再生可能という、とってもうれしいサプライズ付き!オーディオの進化は、ハードだけじゃないんです。

オーディオ入門講座

PCオーディオ入門講座







ジャズジャーナリスト募集

@ジャズ広告掲載

ジャズ管楽器 ヤマハ Zxpress








・会社概要 ・サイトについて ・プライバシーポリシー ・ご利用規約 ・投稿規約 ・免責事項
Copyright Reserved By E-Jazz,Ltd