Absolute Blue
日付

2018/04/05 (木)

アーティスト

Rani Singam with 石井 彰 trio

Rani Singam/ ラー二 シンガム(vo) Darren Moore/ ダレン ムーア(dr) 石井 彰(p) 須川 崇志(b) 
タイムスケジュール open 19:00
1st 19:30-20:30 / 2nd 21:00-22:00
チャージ:予約¥3,500/ 当日¥3,800 (別途1ドリンクオーダー)  
詳細

★ご予約⇒ http://absol.blue
Rani Singam: vocal
with
Darren Moore: drums
Akira Ishii: piano
Takeshi Sugawa: bass

ラーニ・シンガム
今日最も求められている洗練されたヴォーカリストの1人として、「Jazz Singers Ultimate Guide」(ジャズの重要な歌手の百科事典的なガイド。ハル・レナード出版)で取り上げられ「ジャズのシンガポールのファーストレディー」と称される。
アルバム「A Song In My Heartで」(2004)と「Contentment」(2011)で、その地位を獲得し、最近では2017年2月に、ジャズのトリオと弦楽四重奏団をフィーチャーした「My Muse」を発表する。
すばらしいボーカルや技術はもちろん、彼女には聴衆を真に惹きつける魅力がある。
「彼女はただ歌を歌っているのではなく、彼女自身が歌になることがある」。
これまで、James Moody, Ernie Watts, Jeremy Monteiro, Michael Veerapen, Alberto Marsico, Eugene Pao and Tony Lakatosら世界中の多数のアーティストと共演。またシンガポールF1グランプリ2017での、シンガポール国歌の演奏をはじめ、アメリカ合衆国、中国、インドネシア、インド、タイ、マレーシア、香港などの大統領や高官への公演を行ってきている。

Rani Singam is one of the most sought-after and accomplished contemporary vocalists today. She has been named in “The Jazz Singers, The Ultimate Guide”, a Hal Leonard publication which serves as an encyclopedic guide on the important singers in jazz. Amongst many accolades, Rani has been dubbed as “Singapore’s first lady of jazz”. Her albums “With A Song In My Heart”(2004) and “Contentment” (2011) have earned her critical acclaim and recognition. More recently in February 2017, Rani released a single “My Muse” which features a jazz trio and string quartet. All recordings are available on digital platforms including iTunes and Amazon. Apart from her strong vocals and fine interpretative skills, Rani has a truly endearing way of connecting with the audience. “She doesn’t just sing the songs, she sometimes becomes the song”. Rani has performed with many greats from all over the world namely James Moody, Ernie Watts, Jeremy Monteiro, Michael Veerapen, Alberto Marsico,Eugene Pao and Tony Lakatos. Her performances, which include solo recitals, have been held before Presidents and dignitaries all over the world including the United States, China, Indonesia, India, Thailand, Malaysia and Hong Kong. Amongst her notable performances include her rendition of the Singapore National Anthem Majulah Singapura at the Singapore F1 Grand Prix 2017.

ダレン・ムーア
スコットランド生まれでオーストラリアで育ちのオーストラリア人ミュージシャン。現在東京を拠点にモジュラーシンセサイザーでの即興を行うほか、ドラムでジャズ、フリージャズ、ポップスや即興音楽など幅広いジャンルの音楽スタイルに精通している。今まで日本、東南アジア、オース トラリア、ヨーロッパを中心に演奏活動を行う。

Darren Moore
Born in Scotland, raised in Australia and based in Tokyo, Darren Moore (b. 1974) is a drummer and electronic musician who considers creative improvisation as central to his artistic practice working predominantly in the fields of jazz, experimental and improvised music styles. Darren has performed extensively in Australia, South-East Asia, Japan and Europe.
Darren moved to Tokyo in mid-2015 and has since been active playing with many of the Tokyo scene's more adventurous improvisers, quickly established himself as an exciting new voice on the Tokyo music scene.

石井彰

川崎市に生まれる。
大阪音楽大学作曲科在学中、ビル・エバンスを聞き衝撃を受け、ピアニストを志す。
卒業後、関西で活動を始め、91年拠点を東京へ移す。
大隅寿男(ds)と出会い、トリオに参加。数々のプレイヤー、ボーカリストと出会い演奏、作曲、アレンジ、プロデュースなどの活動を行うようになる。
98年より日野皓正(tp)クインテットに参加し、故日野元彦(ds)からも多大な影響を受ける。
2001年には、俵山昌之(b)、江藤良人(ds)からなるオリジナルトリオで初リーダーアルバム『Voices in The Night』(EWE)を発表、続いて02年ソロアルバム『Presence』(EWE)、及びニューヨーク録音のスティーブ・スワロウ(b)とのデュオアルバム『That Early September』(EWE)を発表。03年、04年とトリオによる『Synchronicity』(EWE)、『Embrace』(EWE)をリリースし、精力的な活動を続ける。
2010年には、初の著書『超絶ジャズピアノ』(リットーミュージック)を執筆する。
2011年、ソロピアノアルバム『a〜inspiration from muse』(Studio TLive Records)をリリース。
同年、トリオに杉本智和(b)を新たに迎え、新境地を開拓。また、新たにカルテットを結成。類家心平(tp)、川村竜(b)、江藤良人(ds)からなるサウンドはトリオを拡大したものに留まらず、独自の音世界が広がりつつある。このトリオとカルテットサウンドの集大成として、2014年6月に『Endless Flow』(Studio TLive Records)をリリース。
2017年、“Chamber Music Trio”を結成。須川崇志(vc)、杉本智和(b)という二つの弦楽器をフィーチャーしたジャズトリオで新たな表現を目指している。
その他、Scene of Jazz(安カ川大樹、大坂昌彦)、Boys Trio(金澤英明、石若駿)のピアノトリオに参加。幽玄郷〜yu-gen-kyo(市野元彦gt、吉野弘志b、小山彰太ds)カルテットも主催するに至る。
その幅広い音楽性は、聴く者に多面的な印象すら与えるが、常にその根源にあるものは、音楽に対する真摯な姿勢と、溢れんばかりのしなやかな生命力である。それらが、特有の豊かな表現力と優れたバランス感覚によって芸術へと昇華され、多くの人々を魅了している。

須川 崇志(ベース、チェロ)
群馬県伊勢崎市出身。11歳の頃にチェロを弾き始め、18歳でジャズベースを始め る。2006年、バークリー音楽大学を卒業後、ニューヨークに進出。そこでピアニス ト菊地雅章氏に出会い、氏のアートフォームから多大な影響を受ける。2009年に帰 国後、辛島文雄トリオを経て日野皓正のベーシストを6年間務める。現在は峰厚介 カルテット、本田珠也トリオ、同カルテット、八木美知依トリオほか多くのグルー プに参加。即興演奏を主体としたソロ公演も定期的に開催するなど精力的に活動し ている。今までに東京ジャズ、ルクセンブルグ、モントルー(スイス)、ワンガ ラッタ、ブリスベン(豪)、メールス(独)などのジャズフェスティバルに出演し ている。

Takashi Sugawa (bass, cello)
Born in Gunma Prefecture, Japan, in February 1982. Takashi began his music career at age 11 playing classical cello, then switched to bass when he was 18. After graduated Berklee College of Music in 2006, Takashi moved to Brooklyn, NY., where he met Masabumi Kikuchi, whose music and art exerted a strong influence on Takashi. In 2009, Takashi left New York and returned to Japan, settling in Tokyo. He joined the Terumasa Hino Quintet in 2010, and had been became a regular member of the band for 6 years. Takashi is currently playing with several other bands as well, including the Kosuke Mine Quartet, Tamaya Honda Trio, and Michiyo Yagi Trio.
Takashi has performed at such jazz festivals as The Montreux (CH), Tokyo Jazz (JP), Like a jazz machine fes (LU), The Wangaratta, Brisbane (AU) and the Mores Festival (DE) etc.

Link

LINEで送る
このウインドウを閉じる