ジャズライブ&バー|ソフトウインド
日付

2014/02/01 (土)

アーティスト

【夜】加畑嶺×星野沙織<クラシックの夕べ>★SOLD OUTしました

加畑嶺(p)星野沙織(vln)【演奏曲目】G・ヘンデル/ヴァイオリン・ソナタ第2番、E・グラナドス/スペイン舞曲、C・フランク/ヴァイオリン・ソナタ、その他小品など※タンゴユニット・JACROTANGSとして庄野真代さんとのレコーディング&ツアーをしたり、クラシックのピアニストとしても大活躍をされている加畑嶺さんと、国立音楽大学を首席で卒業、同時に武岡賞受賞し、現在、トリオカルティアのメンバーとして活躍されているヴァイオリニスト・星野沙織さんとの豪華なデュオ。 
タイムスケジュール OPEN 18:00〜
@19:00〜19:40
A20:00〜20:40
40分×2ステージ・入れ替えなし
MC3500円+ご飲食代  
アーティスト詳細

■加畑嶺(かばた・れい)ピアノ
巨匠、故ラザール・ベルマン氏に認められ、イタリアとリトアニアで行われた氏のマスタークラスに招聘される ファイナルコンサート出演。2001年東京、トッパンホールにてソロリサイタルを開催。2006年オランダツアー中、アムステルダム、コンセルトへボウ小ホールデビュー。オランダ国内にてシューマンのピアノ五重奏曲の演奏がラジオ生中継される。2007年デン・ハーグ、春の音楽祭にてジャン・イヴ・ティボーデ氏の公開マスタークラスに出演。1年半のモスクワ留学を経てオランダ、デン・ハーグ王立音楽院ピアノ科にて研鑚を積む。ソロ・リサイタルを始め、室内楽等数多くのコンサート活動を行っている。これまでにピアノを村手静子、ラザール・ベルマン、ナウム・シュタルクマン、ナウム・グルーベルトの各氏に師事。タンゴ・ジャズグループ「JACROTANGS」メンバー
--------------------
■星野沙織(ヴァイオリン)
2006年3月に国立音楽大学附属高等学校を、2010年3月、国立音楽大学を首席で卒業、同時に武岡賞受賞。同年4月、桐朋学園大学研究科に入学。2010年5月、第80回読売新人演奏会出演 同年6月、第35回国立音楽大学東京同調会新人演奏会出演。第14回松井クラシックのつどい フレッシュコンサート出演。2011年に全日本芸術協会主催のソロリサイタルをウィーンホールにて開催。パブロ・力ザルス国際音楽アカデミーや霧島国際音楽祭など様々な国内外のセミナーに参加し、これまでに小森谷巧、徳永ニ男、清水高師、藤原浜雄、ジェラール・プーレの各氏に師事。現在、桐朋学園大学院に通学しながらブライダルやオーケストラの奏者としてフリーで活動するかたわら、レスナーとして個人レッスンを行っている。国立音楽大学演奏補助員。

ご予約
このウインドウを閉じる